テープ起こし・文字起こし、手書き原稿の入力代行者、関 香奈枝

日本語入力システムが意図せず急に変わってしまうと困る!そんなときの対処法

 
この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

こんにちは、カナ文字工房の関香奈枝です。

今回は、「日本語入力システムが意図せず急に変わってしまうと困る!そんなときの対処法」というテーマで、話を進めていきます。

あなたがテープ起こし・文字起こしをしているとき、日本語入力システムが意図せず急に変わってしまって、びっくりすることはありませんか?

私は以前からしょっちゅうあって、そのたびにWindowsキー+Spaceキーを押して、修正してきました。

修正する時間は一瞬ではありますが、あんまり何回も日本語入力システムが変わってしまうので正直イライラしていたものです。
けれど何のキーの組み合わせが日本語入力システムを変えてしまうのか、ずっと気になっていました。

その謎を解き明かすべく検索で調べると手順が書いてありましたので、自分でも実際に操作し、せっかくなのでその様子を動画と静止画にしてみました。

この記事を最後までお読みいただくとその手順が分かりますので、お付き合いいただけたら幸いです。

操作手順

1 画面左下の検索ボックスに、「キーボードの詳細設定」と入力します。

 

2 左上の「キーボードの詳細設定」をクリックします。

3 「入力言語のホットキー」をクリックします。

 

4 「入力言語を切り替える」を青くハイライトし、「キーシーケンスの変更」をクリックします。

5 「入力言語の切り替え」と「キーボードレイアウトの切り替え」を「割り当てなし」のラジオボタンにチェックします。

6 「OK」をクリックします。

7 「適用」をクリックします。

8 「OK」をクリックします。

9 右上のバツ印をクリックし、ウインドウを閉じます。

10 これで、不用意に日本語入力システムが変わってしまうことを防ぐことができるようになりました。

 

動画では、こちらでご紹介しています

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

今回の出典は、こちらです。執筆者の方に、感謝いたします。

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

Copyright© カナ文字工房Official Site , 2021 All Rights Reserved.