テープ起こし・文字起こし、手書き原稿の入力代行者、関 香奈枝

Express scribeのしおり機能を使って、特定の話者の発話だけのテープ起こし・文字起こしを効率的に行おう

 
ExpressScribeのいおりを設定したタイムコードの一覧です。
この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

こんにちは。カナ文字工房の関 香奈枝です。

今回は「Express Scribeのしおり機能を使って、特定の話者の発話だけのテープ起こし・文字起こしを効率的に行おう」というテーマでお話を進めていきます。

この記事を読むと、テープ起こし・文字起こしを手早くできるようになるためのしおり機能の使い方の一例が分かりますので、ぜひ最後までお付き合いいただけたらうれしいです。

目次

目次

書き起こしソフトにおける、しおり機能とは?
ExpressScribeのしおり機能操作手順
しおり機能を使ってみた感想とメリット
この記事を書いたきっかけ

書き起こしソフトにおける、しおり機能とは?

書き起こしソフトにおける、しおり機能とは?

書き起こしソフトしおり機能とは、任意のタイムコードを頭出しできる機能のことです。

ちょうど本の読み途中でしおりを挟んで、続きが読めるようにしておくのと同じようなイメージでしょうか。

テープ起こし・文字起こしをしていて再生させたい箇所だけを設定しておけば、聞く必要のない部分は飛ばして作業ができるのです。

書き起こしソフトの一つ、Express Scribeでは、Ctrlキーと矢印の左右キーのどちらかを同時に押すとタイムコード部分を頭出しできるよう設定されています。

ExpressScribeのいおりを設定したタイムコードの一覧です。

目次に戻る⇒

ExpressScribeのしおり機能操作手順

ExpressScribeのしおり機能操作手順

ここから、実際の操作手順をご紹介いたします。

1 Ctrlキー+Jキーを入力し、日本語の部分のしゃべりだしにタイムコードを指定します。

ExpressScribeの起動中、Ctrlキー+Jキーを押すと、特定の時間へ移動というウインドウが表示され、任意のタイムコードを設定できます。

字幕を作成する場合やあとから音声を編集する場合を除き、日本語の終了部分や外国語部分のしゃべりだしに対してしおり機能を使う必要はないです。

2 、指定したタイムコードの箇所にしおりを設定しておきます。

ExpressScribeのしおり、目印になる言葉を入力し、OKをクリックします。

3 日本語部分のしゃべりだしに、ひたすらしおりを設定し続けます。

この操作をすることで、日本語部分の頭出しが楽にできるようになります。

しおりを設定すると、以下の写真のようにしおりを設定したタイムコードを一覧で見ることができます。

ExpressScribeのいおりを設定したタイムコードの一覧です。

4 Ctrlキー+→キーかCtrlキー+←キーを押すことで、しおり機能を設定した箇所が頭出しされます。

ExpressScribeの初期画面です。

6 音声終了までテープ起こし・文字起こしとしおり機能の設定を終えたら、日本語部分だけの頭出しをしながら音合わせをします。

目次に戻る⇒

Express scribeのしおり機能が使える場面とは?

 

しおり機能を使ってみた感想とメリット

しおり機能を使ってみた感想とメリット

この方法で実際に作業してみたところ、外国語の部分を含めて全ての音声を聞く方法の3分の2程度の時間で作業を終えることができました。

日本語部分だけを頭出しできるように設定することで、音合わせ(音声を聞きながら入力結果と照合すること)の際に外国語部分は聞く必要がなくなるため、作業を効率的に進めることができまして、非常に助かっております。

それでも、日本語のみの音声について作業をするよりは時間がかかりました。

恐らく、しおり機能の設定に時間を取られたものと思われます。

しおり機能をもっと手早く使いこなせるようになれば、もう少し作業時間を短くすることができると思います。

手早く作業をすれば作業時間を短くなって疲労を防ぐことができるので、体力温存に役立ちそうですね。

目次に戻る⇒

この記事を書いたきっかけ

この記事を書いたきっかけ

私は以前逐次通訳のテープ起こし・文字起こしを経験したのですが、作業にとてつもなく時間がかかってしまったため、どうにかして作業時間を短くできないかとない知恵を絞ったのです。

最初に思いついたのは、音声編集をして外国語部分を削除してテープ起こし・文字起こしする方法でした。

ただ、この方法は外国語の部分が省かれているせいでタイムスタンプを正確に入力することができないために再度元の音声からタイムコードを割り出さなければならないために二度手間になってしまい、かえって作業時間が多くなってしまい……。

この経験から、音声編集をする以外で日本語部分のみを効率良く聞くことができるかどうか書き起こしソフトで実験してみたところ、Express Scribeのしおり機能が使いやすく作業時間が短くできることが分かりました。

肌感覚ではありますが、音声編集をした場合の3分の2ぐらいで済んだように記憶しております。

もしあなたが通訳の日本語だけを文字化したい場合にしおり機能を使ってみていただいて、その作業時間短縮に貢献できればと思いまして、この記事をまとめました。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、あなたの何かに参考になれば幸いです。

もしあなたがほかのテープ起こし・文字起こしの楽にできる方法を知りたい場合、ほかの記事もお読みいただけたらうれしいです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

Copyright© カナ文字工房Official Site , 2021 All Rights Reserved.