テープ起こし・文字起こし、手書き原稿の入力代行者、関 香奈枝

本を朗読したCDやオーディオブックが、テープ起こし・文字起こし作業練習に使える件

2021/04/04
 
この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

こんにちは。カナ文字工房の関香奈枝です。

今回は、「本を朗読したCDやオーディオブックが、テープ起こし・文字起こし作業練習に使える件」というテーマで、話を進めていきます。

あなたは、本の朗読CDをご存じでしょうか?

私は28歳のとき、図書館で朗読CDに出合いました。

当時は作品を聞いて楽しむことだけでしたが、時がたってテープ起こし・文字起こしの個人事務所を開業した当初、この朗読CDをテープ起こし・文字起こしの練習に使えることに気付きました。

今回は朗読CDをテープ起こし・文字起こしの練習に使うメリットについてご紹介していきます。

この記事を最後までお読みいただくと、どうして朗読CDが練習に役立つのかを理解できるかと思います。

それでは、本編スタートです。

朗読CDをテープ起こし・文字起こしの練習に使うメリット

ここから朗読CDをテープ起こし・文字起こしの練習に使うメリットをご紹介していきます。

私が個人的に思うメリットは以下のとおりです。

1 書籍でお手本の原稿を見られる。

表記が記者ハンドブックや標準用字用例辞典、NHK漢字表記辞典とは違いますが、それでも入力の練習にはなると思います。

自分が知らない言葉や聞き取れなかった言葉も確認できるのが、最大のメリットです。

2 朗読している人も録音している人もプロなので聞き取りやすい

特に初心者は、きれいな音声で練習するとやりやすいです。

きれいな音声で練習してみて入力がきちんとできたら、徐々に雑音の多い音声を教材にしましょう。

3 練習用教材として朗読CDを使用するのは、著作権法的に問題なし

販売されている朗読CDを商用目的で利用すると、著作権法違反となります。

けれど私的利用は認められています。テープ起こし・文字起こしの練習は私的利用に当たりますので、教材として使うのも安心です。(文化庁HP:著作物が自由に使える場合をご確認ください)

4 無料で図書館で借りられる

このブログを読んでいる方の中には、資金がない人もいらっしゃることでしょう。

けれども朗読CDは図書館で無料で借りられるので、お財布にも優しい教材だと思います。

図書館の蔵書は町の共有財産ですから、あなたにも借りる権利があるのです。

この際、大いに利用しちゃいましょう。

5 昔の文芸ものの朗読CDが多い

文芸作品が好きな人には、おすすめです。私は最初に『蟹工船』を選びました。

もう少し明るい内容のもののほうがやりやすかったかなと一瞬思いましたが、テープ起こし・文字起こしでは重い内容の案件も多く扱うので、初心者のうちに慣れることができてうれしかったです。

私が思いつくだけでも五つのメリットがありますが、ほかにもあるかもしれません。

もしほかのメリットを発見された方は、何らかのかたちでシェアいただけるとうれしいです。

どうやって朗読CDをテープ起こし・文字起こしの教材に使うの?

ここから朗読CDをテープ起こし・文字起こしの教材に使う方法の具体例を挙げます。

私は、以下の方法で練習しました。

1 朗読CDを用意する
2 書籍を見て、どのあたりまで入力するかを確認しておく(初心者は、5ページ以内がやりやすいと思います)
2 朗読CDを数秒ずつ再生・停止、数秒巻き戻しを繰り返し、音声内容を文字入力していく
3 自分の原稿と書籍の内容を照らし合わせ、不明瞭語句や、間違い箇所を確認する
4 音声を再度聞きながら、不明瞭語句を修正していく
5 自分がよりどころとする表記辞書での表記は書籍とは違うことがあるので、表記方法を確認しておく

以上を数作品で繰り返しますと、間違いやすい表記を見付ける練習にもなります。

最初は音声尺10分程度から始め、徐々に伸ばしていかれるのも一法です。

朗読CDとの出合い

朗読CDとの出合いは、病気療養していたときに立ち寄った最寄りの図書館でした。

以前、私は薬の副作用で緑内障を患っていたために目の疲れやすさがあって、当時はテレビや印刷された文字を見るのは大変つらかったです。

そのため当時はテレビの副音声が聞けるラジオを利用し、音声だけで番組を楽しんでいました。

そんなときに図書館で発見したのが、朗読CDだったのです。

その後手術を受けて回復したものの、朗読CDは気に入って、図書館で借りてきては聞いておりました。

今は読み上げ機能付きの電子書籍が公立図書館でも借りられるようになったのであまり聞いていませんが、また機会があったら借りてみようと思っています。

まとめ

朗読CDを使ったテープ起こし・文字起こしは、入力を効率的に行うための練習にはもってこいです。

よりどころとする表記辞書と表記が違うのが残念ではありますが、表記辞書との違いを比較するのも、自分の誤打を防ぐ練習になります。

朗読CDは図書館でしたら無料で借りられますので、朗読CDを探してみて練習してみては?

お近くに図書館がない方は、アマゾン楽天、メルカリなどで探すのも楽しいかと存じます。

今はオーディオブックも販売されていますし作品はいろいろありますので、ご自分の好きなジャンルから始めるのも一つの方法です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© カナ文字工房Official Site , 2020 All Rights Reserved.