テープ起こし・文字起こし、手書き原稿の入力代行者、関 香奈枝

Altキーは、PC入力作業短縮には強い味方です

2021/04/04
 
この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

こんにちは。カナ文字工房の関香奈枝です。

今回は「Altキーは、PC入力作業短縮には強い味方です」という内容で、話を進めていきます。

Altキーは、ほかのキーと一緒に押すことにより入力の手間を省き、一気に自分の望む操作が実行できるキーです。

いちいちマウスを持たなくても、キーボードから手を離すことなくやりたい操作ができる、ありがたいキーだと私は思います。

この記事を最後まで読むと検索と置換作業が速くなり、作業効率を上げることができます。ぜひ終わりまでお読みいただければ幸いです。

 

ALtキーの位置

キーボードの下のほうに、左右1カ所ずつあります。

お手持ちのキーボードで、位置をご確認ください。

※外付けPCキーボードには大体二つAltキーは付いていますが、ノートPCだと一つしかAltキーがないものもありますので、図と違っている場合、あらかじめご了承ください。

Altキー、使い方の例

ここからは、具体的なAltキーの使い方について説明していきます。
例として、検索と置換機能、コメント入力欄の表示を挙げます。

検索と置換の作業効率を上げる

1 Ctrlキー+Hキーで、検索と置換のウインドウを開きます。
2 検索と置換のウインドウが表示されてからAltキー+Jキーを押すと、 あいまい検索のチェックを外すのに使えます。

3 特殊記号を選択したりする際にAltキー+Eキーを押すと、ダイアログボックスが表示されます。
ここで、自分が行いたい操作を探し、括弧内に書かれている文字キーを押します。

例)あいまい検索のチェックを外したあと改行やタブ文字を入力したい場合
改行記号を入力したい場合:Altキー+Eキー+Pキー
タブ文字を入力したい場合:Altキー+Eキー+Tキー

コメント機能を使うときに、コメント入力欄を一瞬で表示させられる

1  Altを押します。

2 Rキー+Cキーを押します。

3  コメント入力欄が表示されます。

Altキーを使ってみて、どんな効果があった?

私の個人的な感想ではありますが、マウスを使っていたときの半分以下で作業ができるようになり、大変助かったと思っています。

マウスに持ち替える手間が減ることが、時間短縮につながったのではないかと思います。

またマクロに登録するショートカットキーにAltキーを使ったものを設定すると、もっと早く作業ができると思います。

お好みのキーの組み合わせを、ご自分でも考えてみていただきたいと思います。

 

Altキーを使うようになったきっかけと、使っていなかった理由

私は業務量が増えるまでは、Altキーを使ったことがありませんでした。

案件の数をこなすうちに業務量が増えてきて、作業効率を上げるために操作を覚えたのです。

お勤めしていたときや業務量が少ないとき、自分がAltキー操作をなぜ行っていなかったのかを考えてみました。

それは勤め人だったときの職場はPC作業に少々かかっても許されていたのと、テープ起こし・文字起こしを本業としてからも業務量が少ないうちはマウス操作で十分だったのです。

今から思うと、とてももったいないことをしていました。

業務量が増えるとより効率よく仕事をしなければなりませんので、これからもAltキーを使いこなしていきたいと思います。

入力作業時間短縮方法をほかにもご紹介してあります。

以下にリンクを貼っておきますので、併せてご覧ください。

これらの記事を最後まで読むと、今までより作業効率が上がると思います。

会議録・議事録作成を押しつけられてしまう人、必見!!Wordの検索と置換機能とマクロをフル活用して楽に入力する方法

文字変換や入力に便利なショートカットキーとファンクションキーの対照一覧

あり得ない?努力なしに入力の間違いを大幅に減らせる方法

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© カナ文字工房Official Site , 2020 All Rights Reserved.