テープ起こし・文字起こし、手書き原稿の入力代行者、関 香奈枝

テープ起こし・文字起こしだけではなく映像翻訳や字幕製作、在宅でリモートワークをするのに入力が楽になるキーボード、2選

2021/04/04
 
この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

こんにちは、カナ文字工房の関香奈枝です。

今回は「テープ起こし・文字起こしだけではなく映像翻訳や字幕製作、在宅でリモートワークをするのに入力が楽になるキーボード、2選」というテーマで、話を進めていきます。

この記事を最後まで読むと、楽に入力できるキーボードを知ることができますので、ぜひ最後までお読みください。

楽に入力できるキーボード2選

東プレ REALFORCE

一つ目は、東プレのキーボード、テンキーレスタイプのものをご紹介します。

このキーボードは静電容量無接点方式スイッチという業務用として高い評価を得ているものが使われていて、入力する際の負担が少なく、長時間作業していても腱鞘炎に悩まされることはないです。

手をいたわりつつ、仕事もたくさんこなしたい人におすすめです。

Windows用は、以下のものです。

私が使っている機種は今は販売されていないので、新機種を掲載しておきます。

Mac用もあります。

 

HHKB

二つ目は、HHKB Professional HYBRID Type-Sです。

こちらは、システムエンジニアの知り合いから教えていただきました。

こちらのキーボードも静電容量無接点方式が採用されており、入力するときに手の負担は少ないそうです。

また、ほかにもいくつものメリットがあります。

・WindowsでもMacでも、どちらでも使える
・サイズも小さめで、狭い場所でも利用可能
・無線、有線を切り替えられる
・一度に4台まで接続可能

ステムエンジニアの知り合いが一押しだったのは、狭い場所でもすっきり使える小さめサイズだからとのことでした。

ダイニングテーブルでリモートワークする人には、狭い場所でもすっきり使えるのはうれしいかもしれません。

私が入力が楽にできるキーボードを使うようになったきっかけ

私が入力が楽にできるキーボードを使うようになったきっかけは、手の腱鞘炎の痛みで悩んでいたとき、先輩方のSNS投稿記事を見たことでした。

お値段を気にしてなかなか買えなかったのですが、ある日、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したのです。

使用後、腱鞘炎に悩まされることはなくなり、作業効率は上がりました。

以前使っていた海外製、980円のキーボードではキータッチが硬くなるため何度か買い換えていたのですが、いちいち機体を捨ててしまうことに抵抗がありました。

東プレキーボードだと、毎日2万文字以上入力していても修理は2年から3年に一度で済みました。

腱鞘炎の治療費と買い換える費用よりも、東プレのキーボードを修理しながら使うほうが手にもお財布にも優しくてお得だと分かりました。

教えてくださった先輩方、システムエンジニアの方、ありがとうございました。

この場を借りて、感謝申し上げます。

まとめ

東プレ REALFORCEにしても、HHKB Professional HYBRID Type-Sにしても、どちらも割高なので、どうしても購入しなければならないというものではありません。

利益が出てきたら、少しずつ使いやすい道具に買い換えるのも一法と思います。

実際、私も最初は家電量販店で買える安いものを使っていました。

そしてもしあなたが個人事業主としてお仕事をしたいのでしたら、道具にお金を少しはかけるのも大切です。

個人的な意見ではありますが、道具を思い切って買い換えてみることでその後の業務効率を高められるのでしたら、これほどうれしい投資はないのではないでしょうか。

商売は投資が先であとから回収していくことになりますから、あとからたくさん作業できるようになれば元を取れるのです。

もしあなたが腱鞘炎に悩まされているのでしたら、楽に入力できるキーボードを使ってみるのも一法です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© カナ文字工房Official Site , 2020 All Rights Reserved.