文字起こしと聴覚障害者用日本語字幕製作者

もとから左利きの方、または右利きだったのに病気や障害、事故によって利き手が使えなくなった場合でもマウスを使うには?

2020/07/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

こんにちは。カナ文字工房の関 香奈枝です。

今回は、もとから左利きの方、または右利きだったのに病気や障害、事故によって利き手が使えなくなった場合でもマウスを使うには?というテーマで、話を進めていきます。

突然ですが、あなたはもともと右利きですか左利きですか?はい、左利きです!という方もいらっしゃるでしょうし、もともと右利きだったんだけど事情で左手を使う必要に迫られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし私たちが病気や障害、事故にみまわれて利き手を使えなくなったとしても、その状態のまま生きていかなければなりません。中には、仕事をしなければならない方もいるでしょう。でも、さまざまな理由で左利き用マウスを使うことができない場合、どのようにしたら良いのでしょうか。

下記に、例を三つ示してみました。もともと左利きの方にも応用可能ですので、参考になれば幸いです。

左右対称の形をしたマウスを使い、PCの設定を左利き用に変更する

左右クリックとホイールしかないマウスであれば、利き手がどちらか関係なく使うことができる左右対称であるものが多く、左手でも自然なかたちで使えるので非常に便利です。PCの設定でマウスを左利き用に設定すれば、右利きの人が左手でマウスを使いたいあなたも、左利きのあなたも使いやすい!

左利き用への設定変更のしかた

Windowsユーザーの方はこちらクリックしてみてください。(外部サイトへ飛びます)
Macユーザーの方はこちらをクリックしてみてください。(外部サイトへ飛びます)

2 人差し指で動かすトラックボールを使う

これは、特に左右どちらの利き手であっても関係なく作業できます。
マウスポインターを真ん中のトラックボールで動かすので、手首の負担が少なくなります。
手首の関節痛に悩まされている方にとっても、良い道具と思います。

 

3 利き手とは反対の手でマウスが使えるように練習する

いっそのこと、両手でマウスを使えるように練習してしまうというのもありかと思います。この方法でしたらマウスの設定をし直す必要がないので、そういう意味では便利かもしれません。

私自身は右利きですが、勤めていたときに腱鞘炎に悩まされたため、左手でマウスを使い、右手でテンキーを打つのをよくやりました。マウスとテンキーの置き場所を左右取り換えて作業することで腱鞘炎に悩まされることもなくなり、テンキーとマウスの間を行ったり来たりすることがないので、作業時間が短縮されたのを覚えております。あなたが左右どちらが利き手だったにせよ、利き手と反対の手でマウスを使う練習をしておくと作業効率アップにいいかもしれません。

4 エルゴノミクスマウスを使う

以下は、Twitterのフォロワーさんより教わりました。コメントいただきました方、ありがとうございました。

キーボードの前に設置して使うタイプのマウスだそうです。手首の保護も同時にしてくれそうな形です。私も使ってみたい(^^)

Roller Mouse(ローラーマウス)

まとめ

現在販売されているマウスの多くは、右利きを基準として作られています。また、日本の場合は左利きの人が少ないため、生産量自体も少ないです。お店に行ってみても多くの製品は右利き用で、左利き用の製品は全く見当たりませんでした。自分の体の使い方と市販品が真逆だと、とても悲しいですよね。そんなとき、この記事が少しでもあなたに参考になればうれしいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は、以下の方々へテープ起こし代行サービス、手書き原稿からの文字起こしサービス、字幕制作サービスを提供しております。得意分野は行政、福祉、医療分野(特に看護、栄養)ですが、どんな分野の案件でも承っております。

・テープ起こしをしてみてきつかった
・時間がなくて最後まで作業できない
・自分で作成した原稿のチェックをしてほしい
・ほかにも作業がたくさんあるから外注したい
・音声認識アプリからの文字起こし原稿を修正してほしい
・自分で撮影した映像に字幕を付けたい

このような方は当事務所までご相談ください。ご連絡、お待ちしております。

お問い合わせ:お問い合わせフォーム、電話、ファクスより承ります。
作業依頼:お見積もり、依頼フォームより承ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 関 香奈枝 official site , 2020 All Rights Reserved.