東京都八王子市松木にある個人文字起こしと字幕制作の個人事務所です。(電話:042ー679ー0522)

2019年10月12日の台風19号、避難所で携帯を充電していたら●●が必要だなと思った件

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

こんにちは。カナ文字工房の関香奈枝です。
2019年10月12日、日本の各地で台風19号の影響による被害が出ています。
被害に遭われた方、謹んでお見舞い申し上げます。

今回は「10月12日の台風19号、避難所で携帯を充電していたら●●が必要だなと思った件」というテーマでお話を進めていきます。

当日、私も市役所からの避難情報で避難所へ行きました。今は避難所から自宅へ帰り、無事に過ごせることに感謝しています。おかげさまで私の住む地域には被害がなかったのですが、少し離れた多摩川下流では床上まで浸水したとのニュースが流れ、改めて防災への備えをしなければと思いました。

【2019年10月12日、避難所に向かう】

私の自宅も当日の朝8時ちょうどに避難指示が出たので、早い時間に避難所へ移動しました。自宅で雨が通過ぎるのを待つのは不安だったからです。

雨が強く降る中、私は恐怖を感じながら心の中で地域の無事を祈っておりました。でも多くの人が近くにいたため、それだけで随分気分が落ち着いていました。こんなとき、人間はつくづく一人では生きられないのだなと思うのです。皆さんは意外と大雨の中にあっても落ち着いていて、台風情報を検索したり、本を読んだり、学生さんなのかお勉強していたりと、めいめいに時間を過ごしていたのが印象的でした。

皆さんが欲しいと思われていたのは、なんといっても携帯やスマホの充電です。避難所のコンセントに職員の方が延長コードを設置した途端、あっという間にコンセントは満員御礼に。私はたまたまコンセント近くにいたのですぐに充電ができましたが、多くの方はスマホから離れる際、少し不安そうにしていました。もし手元で充電したい場合は、バッテリーは持っていたほうがいいと思います。また、手回し充電器なども役立つと思います。

そして延長コードを利用する人たちの動きを見ていると、なぜかコンセントを差す場所に迷う方が何人もいらっしゃいました。どうしたのだろう?と思い、迷っていらっしゃる方に声を掛けてみました。すると「コンセント同士の間が狭いのにアダプターが大きすぎて、どこに差していいか迷っている」とのこと。

なるほど!アダプターの大きさまで考えて充電できるようにする必要があるのか!このことから、ただ延長コードを設置すればいいわけではなく、隣のコンセント差し込み口を塞がないようなものを使うと良いと思いました。次回がないことを祈りますが、もしまた災害に遭ったら、隣のコンセント差し込み口を邪魔しないような延長コードを持っていこうと感じています。また、自分で1口の延長コードを持っているのも一法かと思いました。

【つい、うっかり持っていくのを忘れて……】

慌てて避難所に行ったため、お仕事の機材やデータ・貴重品・水分は持ち出せていても、肝心の食べ物を全く持っていない状態で避難所に行ってしまったことに気付いたのです!!避難所では食糧の支給が始まるのは、時間がたってからとは思っていなかったのです。そのため、思いがけず1日水分だけを取り続けて断食する日と相成りました。もしこの記事をお読みのあなたが避難される際は、食べ物と飲み物をお忘れなく!

カナ文字工房は機材の養生やデータ管理、もしもの場合は持ち出しができるようになどの対策を行っておりますので、ご安心ください。

どうか、1日も早く復旧が進みますことをお祈りしております。

こちらではヘッドホンカバーの製作のほか、以下の方々へテープ起こし代行サービスと字幕制作サービスを提供しております。

・テープ起こしをしてみてきつかった
・時間がなくて最後まで作業できない
・自分で作成した原稿のチェックをしてほしい
・ほかにも作業がたくさんあるから外注したい
・音声認識アプリからの文字起こし原稿をチェックしてほしい
・自分で撮影した映像に字幕を付けたい

このような方は当事務所までご相談ください。ご連絡、お待ちしております。

お問い合わせ:お問い合わせフォーム、電話、ファクスより承ります。
作業依頼:お見積もり、依頼フォームより承ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 文字起こしと字幕制作のカナ文字工房 , 2019 All Rights Reserved.