USBフットスイッチを使おう!そうすればテープ起こし作業が楽に早くできる

By   2019年3月24日

こんにちは、カナ文字工房の関香奈枝です。
今回は「USBフットスイッチを使おう!そうすればテープ起こし作業が楽に早くできる」というテーマで、どんなものを使っているかということと、設定方法についてお話を進めたいと思います。

このテーマを読んで、PCキーボードって手で入力するものでしょ?フットスイッチって何?とあなたは思われたのではないでしょうか。私も、PC入力作業にUSBフットスイッチを使うなんて考えたこともなく、手だけで入力してました。

2016年1月よりUSBフットスイッチを使うようになってから、とても仕事が速くなりました。多くのフットスイッチは壊れやすいのですが、私が使っているものは、購入後数年した今でも正常に使うことができています。せっかくお金を出して機材を買うのですから、長持ちするものを使うのは大事なことかと、個人的に思います。

【使用しているフットスイッチ】

使用しているのは、OlympusのRS27-Hです。このフットスイッチは、真ん中と左右、合計三つのスイッチがあります。一つ買うと三つのスイッチがついてくるので、お得な気がしました。MacでもWindowsでも両方とも使えるため、どんな人にも使える大変魅力的な製品です。

実際に使ってみたところは、こんな感じです。

【操作可能なソフト】

OlympusのRS-27Hは、DSS Player Standard – Transcription ModuleとExpress Scribeというテープ起こしソフトで特別な設定をせずに利用できます。これらのソフトでは、設定する必要なく、以下の設定になっていました。
真ん中のスイッチ:再生・停止、
左のスイッチ  :巻き戻し
右のスイッチ  :早送り

また右、左、真ん中のスイッチにPCキーボードの複数のキーの信号を設定することで、ほとんどのソフトで利用可能です。フットスイッチの設定は、専用のソフトFoot Switch Configuration Tool(フリーソフト)で設定可能です。ダウンロードはこちらからどうぞ。(Olympusのダウンロードページに飛びます)
このソフトを使えば、キーの設定はいくらでもやり直しができます。設定のやり方を、こちらで使っている例で説明してみましょう。

1 Foot Switch Configuration Toolを起動します。

2 起動すると、次の画面になります。

3 それぞれ、スイッチの設定をしてみましょう。新規作成をクリックします。

4 テンプレートを保存するため、ファイル名を設定し、保存をクリックします。
(例として、ファイル名を「テスト」としています)

5 「テスト」というテンプレート名が保存されました。

6 さあ、いよいよキーの設定開始です。矢印が現れ、クリックしたスイッチのショートカットキー欄が選択されます。例として、ここではCtrlキー+Bキーを設定してみます。

7 ctrlキーとBキーを押すと、画面のようになります。フットスイッチを踏んだらどんな操作になるかを選びましょう。

Single⇒割り当てたキーを1回押したのと同じになる
Double⇒割り当てたキーを2回連続で押したのと同じになる
Long⇒割り当てたキーを押し続けるのと同じになる

8 もし間違ってしまったら、矢印の中の「×」印を押せば設定し直しができます。

9 真ん中のスイッチも、右のスイッチにも同様にしてキー設定を行います。

ちなみに、こちらでは次のように設定しています。
左のスイッチ  :Ctrl+B
真ん中のスイッチ:Ctrl+Space
右のスイッチ  :Ctrl+N

全て1回踏んだら1回キー操作をしたのと同じようになるよう、設定しました。

 

10 設定が終わったら、「フットスイッチに摘用」をクリックします。

 

11 「フットスイッチの設定が完了しました」とメッセージが表示されます。これで、フットスイッチの設定は終わりました。

【フットスイッチを導入したきっかけ】

私がフットスイッチを導入したのは、手の腱鞘炎に悩んだことがきっかけでした。最初に足を使うことを考えたとき、フットスイッチの代わりに不要になったPCキーボード2台を使って足で踏んでいました。それぞれのCtrlキー、Sキー、Bキー、F12キーだけを残し、あとのキートップを外して使用したところ、左手小指の腱鞘炎は防げるようになりました。しかし、この方法では、冬に室内履きを履くとうまく操作できませんでした。使わなくなったPCキーボードを廃物利用する意味では良い方法だと思ったのですが、残念な結果となりました。そこで、冬場になると足先が冷えて困るという状況を解決するため、思い切ってフットスイッチを購入したのです。

【フットスイッチ、RS27ーHを使ってみた感想】

PCキーボードを手で入力していたときよりも作業能率がアップしました。処理できる時間が、当事務所比で10パーセント以上短くなりました。個人的には、音声を片足で操作できることが処理速度アップした要因かなと思っております。おまけに、肩こりがしにくくなったように思います。

もし、あなたの作業環境にフットスイッチを導入できるのであれば、フットスイッチを使ってみるのは良い方法かと思います。手も足も使えば、さらに入力速度をアップできることは間違いありません。(お勤めの方は、職場に導入して良いか必ず確認してください。 職場によっては、導入してはいけないと言われることもあります)

フットスイッチに興味のある方は、こちらをクリックしてみてください。


RS27H

またキーボードもタッチの軽いものにすると、さらに効率よく作業することができます。興味のある方は、こちらをクリックしてみてください。


東プレ REALFORCE R2 テンキーレス「PFU Limited Edition」日本語配列 (アイボリー) PZ-R2TLSA-JP4-IV

この記事が、あなたのテープ起こしに環境を少しでも改善するお手伝いができれば幸いです。

 

こちらでは以下の方々へ、テープ起こし代行サービスと字幕制作サービスを提供しております。

・テープ起こしをしてみてきつかった
・時間がなくて最後まで作業できない
・自分で作成した原稿のチェックをしてほしい
・ほかにも作業がたくさんあるから外注したい
・音声認識アプリからの文字起こし原稿をチェックしてほしい
・自分で撮影した映像に字幕を付けたい

このような方は当事務所までご相談ください。ご連絡、お待ちしております。

お問い合わせ:お問い合わせフォーム、電話、ファクスより承ります。
作業依頼:お見積もり、依頼フォームより承ります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA