テープ起こし・文字起こし、手書き原稿の入力代行者、関 香奈枝

あなたの話し方を少し変えて不要な言葉を削除して話すだけで、賢く見られるようになります

2021/05/16
 
女性の口元の写真です。
この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

こんにちは、カナ文字工房の関香奈枝です。

今回は「あなたの話し方を少し変えて不要な言葉を削除して話すだけで、賢く見られるようになります」というテーマで話を進めていきます。

テープ起こし・文字起こしをしていて、余分な言葉で話し手のイメージを損なっているかな?と思うことがあります。例えば、以下のような言葉を聞くときです。

・えーと、あのー、そのー、といった言葉が続く。
・要点になってないのにやたらと「要するに」を連発する。
・やっぱり、こう、だから、ですね、という言葉を、使う必要のないところで使ってしまう。

これらはテープ起こし・文字起こしではケバと呼ばれ、仕様によっては起こし手やライターにとって省く言葉の対象となるものです。
ケバとなる言葉は口ぐせになっていることが多く、自覚するのはなかなか難しいです。

もし、これをお読みのあなたが人前で話す機会があるなら、自分の話を録音して聞いてみてください。

ケバが多くて驚くことも少なくないはずです。

録音を聞いて自分の口ぐせに気がついたら、ケバに当たる言葉を少しずつ意識して、ほかの言葉に置き換えたり、あるいは本来必要な言葉だけを話すようにしてみてください。

ケバを少なくした話し方を意識するだけで、話がとても分かりやすくなるようになります。

そして、「分かりやすく話す人だ」という印象を与え、イメージアップに貢献します。

誰かに何かを教えたり、説明するときにはもってこいの技です。

また塵も積もれば山となるとはよく言ったもので、こうしたケバを少なくした話し方をすると、話す時間を短くすることができるのも相手からの評価が高くなることにつながります。

ケバを意識して省きながらの話し方、興味がありましたらお試しくださるとうれしいです。

話し方の改善には、以下の書籍も参考になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

ほかにも話し方の改善にテープ起こし・文字起こしが役立つ例をご紹介していますので、合わせてお読みいただけたらうれしいです。

自分の話し方に自信がない人、必見!人さまの声を自分でテープ起こし・文字起こしすると自分の話し方を改善でき、人前で話すことに自信が持てるかも?

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

Copyright© カナ文字工房Official Site , 2017 All Rights Reserved.