テープ起こし・文字起こし、手書き原稿の入力代行者、関 香奈枝

スマホと自撮り棒を使って録音すると、きれいな音で録音できます

2021/04/13
 
自撮り棒に録音機材を付けて、人に近づけています。
この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

こんにちはカナ文字工房の関香奈枝です

今回は、スマホと自撮り棒を使った録音方法を、ご紹介させていただきます。

時代の流れとともに、ICレコーダーを買うことなくスマホで録音したい方が増えてきました。少人数であれば会話している人に円陣を組んでもらい、円の真ん中で録音すればOKです。きれいな音質で録音できるアプリも出てきていますから、新たに機材を買わないで録音したいというのも人情というものでしょう。

話し手の人数が多い場合は、スマホにレコーダーアプリを入れてICレコーダー代わりにし、自撮り棒の先にスマホを取り付け、スマホのマイク部分を話者の頭に近づけるという方法をお勧めしています。

よくテレビの撮影などで、マイクを掲げている音響スタッフを見かけることがありますよね。スマホと自撮り棒を使う方法は、あれと同じような状態を作り出すことができます。私も試しにやってみましたが、結構クリアな音質で録音できました。正確な録音は正確なテープ起こし・文字起こし原稿作成に必要なことですので、ご自分で録音される際になるべく雑音がないように工夫されることをお勧めします。

(画像:カラオケボックス(1) / uka0310)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

ほかにも録音についてまとめておりますので、合わせてお読みいただけたらうれしいです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

Copyright© カナ文字工房Official Site , 2016 All Rights Reserved.