テープ起こし・文字起こし、手書き原稿の入力代行者、関 香奈枝

ライター様からのご依頼も、お受けしております

2021/04/13
 
ペンとノートの写真です。
この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

こんにちは。

カナ文字工房の関香奈枝です。

当事務所は、議事録、講演会のテープ起こし・文字起こしを主に行っておりますが、個人のライター様からのご依頼もお受けしております。

ところで、ライター様の中ではテープ起こし・文字起こし作業を外注することについて、賛否両論あるようです。

肯定派、否定派、どちらも私が聞いたのは次のようなご意見でした。

肯定、否定の別意見内容
肯定派の意見「多くの原稿を抱えているので、誰かにテープ起こし作業を外注できると助かる」

「自分でテープ起こし作業をすると客観的な記事が書きにくいので、人に頼むほうが楽」

「聞きながら入力することはあまり得意ではないので、誰かにやってもらったほうが結局早く仕事が片付く」
否定派の意見「自分でやったほうが、振り返りができ、しっかりとした原稿が書ける」

「自分はタイピングに自信があるので、人に頼むより自分でやったほうが気が楽」

「利益が少ないので、自分でテープ起こし作業をやらざるを得ない」

「そもそも、ライターはペン1本で仕事するのがプロとして最低限の資質だと思う」

あなたはどちらでしょうか?

この夏、取材音声をお持ちの方は、ぜひ、ご検討ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

ほかにも私がお引き受けできるお仕事の例をご紹介していますので、合わせてお読みいただけたらうれしいです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

Copyright© カナ文字工房Official Site , 2016 All Rights Reserved.