テープ起こし・文字起こし、手書き原稿の入力代行者、関 香奈枝

動画からテープ起こし・文字起こしをご依頼いただく際のお願い

2021/04/13
 
街をビデオカメラで撮影している写真
この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いた人

1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。
地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。趣味は洋裁、読書。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

こんにちは、カナ文字工房の関香奈枝です。
今回は、ご依頼いただく方へのお願いとして、「動画からテープ起こし・文字起こしをご依頼いただく際のお願い」について、話を進めていきます。

録音と同時に動画撮影をしている場合、作業者としては映像を確認できたほうが望ましいため、ぜひ動画も一緒にお送りいただきたいと存じます。

なぜかというと、ご依頼主様に「正確な原稿を、より早く納品できる」というメリットがあるからです。

どんなメリットか細かく説明しますと、次のようなものになります。

(1)誰が何を発言したのか、より正確に記録できる

よく似た声質の人が数人登場していたりすると、音声を頼りに耳だけで話者を特定するのはとても難しいことがあります。

映像があれば発言者を特定しやすくなるため、より正確な書き起こし原稿作成が可能となります。

発話者を間違えてしまうのはトラブルの元になり、原稿を使うあなたにご迷惑がかかるかもしれません。

こちらとしましてはトラブルなく原稿をお使いいただきたいので、ぜひ映像をお送りくださいますようお願いいたします。

 

(2)音声中に出た言葉の文字表記を、より正確に記録できる

音声だけが頼りだと、作業者が知らない単語が出てきた場合に正確な表記ができないことがあります。

日本語は同音異義語が多い言語なので、間違った文字表記で記録を残してしまう可能性が高くなってしまうのです。

作業者も用語の調査は念入りにしておりますが、どうしても分からない単語の場合は「ここは分かりませんでした」という印をつけてお返しすることになります。

せっかくあなたにご依頼いただいたのに、書き起こし原稿が使いにくくなってしまうのは、私としても心苦しい状況です。

ですが、映像が確認できれば映像内に表示されている内容から文字表記が確認できる確率が上がり、あなたの原稿利用がスムーズになります。

できれば、なるべくお客さまがスムーズに書き起こし原稿を使えるようにしたく存じますので、動画をお送りいただきますよう、ご協力をお願いいたします。

ほかにもご依頼いただく際のお願いをまとめておりますので、お読みいただけたらうれしいです。

テープ起こし・文字起こし費用を少しでもお安くするため、データによる会議資料の提供にご協力ください

最後までお読みいただき、ありがとうございました。この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系、行政系を得意としている。 趣味は洋裁、読書。

Copyright© カナ文字工房Official Site , 2016 All Rights Reserved.